集合住宅への想いPOLICY

  • 集合住宅への想い

暮らしを守り未来へつなぐ

子から孫へ、
管理組合の皆さまとのお約束。

暮らしを守り未来へつなぐ。
この言葉には住商産業の集合住宅に対する姿勢と想いがこめられています。

1916年(大正5年)石炭採掘の盛んな「軍艦島(長崎県端島)」で
日本に初めて鉄筋コンクリート造の高層アパートが建設されました。
1974年(昭和49年)には閉山を迎え、無人島となりましたが、
その姿は100年を経たこの島で、今なお原型をとどめています。

100年朽ちない住まい。
この丈夫な住まいに暮らしのあかりを灯し続けたい。

私達は日本の財産とも言えるこの住まいを1棟でも多く持続させることを使命とし、
管理組合の皆様とともに「住まい」、「暮らしを」守り続けていきたいと考えております。

子から孫へ、100年先の未来へ。暮らしを守りつなぐ架け橋となる。

私達の願いであり、管理組合の皆様とのお約束です。

同じ屋根の下
―災害で広がる助け合い―

2016年4月14日より熊本県に相次いで発生した地震により、
私達社員もまた被災しました。

被災後すぐに脳裏に浮かぶのは
「現場は大丈夫だろうか。」という思いでした。

地震直前にお世話になったマンションへ社員総出で向かう途中、
どこからか「助けて」という声が聞こえました。
現場に向かうと住人さんが、隣人を助ける為に自宅にあった
バールやハンマーを持ちだし、玄関ドアやサッシ窓を破って
助け出す光景を目の当たりにしました。
また、動けないお年寄りを背中に負ぶって階段を下り、
集会室やロビーに運ばれるなど、あちこちで広がる助け合いをみて、
あらためて『同じ屋根の下の住民』であることの素晴らしさを
感じるとともに、「私達も出来るだけのことをしなければ!」と
社員一同感じました。

地震への対応

熊本市内施工先 被災状況確認 4月15日~20日  90棟
2次災害防止 応急対応工事 4月17日~6月末頃 60件 
同時に応急処置判定の【赤】【黄】個所改善
地震直後訪問した90棟のうち、68棟の被災調査 12月末完了
地震保険鑑定・被災度判定 等への手伝い
復旧工事 地震時に大規模工事中6棟 被災調査後9月頃完了
28年12月末までに完了マンション    4棟
29年1月末 復旧工事中のマンション  14棟
29年8月末 復旧工事中のマンション  29棟

その他の協力

  • 地元マンション管理組合連合会・全管連主催の『被災者相談会』への地元新聞への周知広告掲載協力
  • 長崎県・長崎市主催のマンションセミナーでの講演
      『熊本地震から学ぶ・マンション被災の実態と管理組合の活動』

安全への取組みについてはこちら

  • 電話番号電話番号電話番号
  • FAX番号